個人情報保護方針お問い合わせ
住構協とは

住まいの構造改革推進協会の目的

阪神・淡路大震災を風化させてはならない!を合言葉に、住宅建築に携わる者に対して、耐震診断・耐震補強等、住まいの安全性を高める技術・手法の指導・普及を行い、一般ユーザーの住宅の安全性(耐震性)向上に寄与することを目的として発足しました。

住まいの構造改革推進協会の沿革

◆設立総会 2003.9.29
 設立発起人18社による設立総会を開催
◆第1回導入研修開催 2003.12.12
 横浜・ナイス竃{社ビルにて開催
  正会員希望社44社86名
  賛助会員10社17名
  推進会員14社38名 参加
◆特定非営利活動法人認証取得 2004.1.26
  神奈川県より特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を取得
◆法人登記完了 2004.1.29
 神奈川県横浜市鶴見法務局に法人登記
◆理事会開催 2004.3.8
 理事長・副理事長・理事(3名)・監事により理事会開催
◆臨時総会開催 2004.3.8
 推進会員23社(欠席1社)にて臨時総会開催
◆平成16年度総会開催 2005.3.11

◆防災の日講演会開催 2005.9.3
  講演「声なき声を聞け!家が凶器になる時!」
   目黒公郎 氏 (東京大学教授)

■平成16年度(2004年)活動報告

■平成17年度(2005年)活動報告

■平成18年度(2006年)活動報告

■平成19年度(2007年)活動報告

■平成20年度(2008年)活動報告

■平成21年度(2009年)活動報告

■平成22年度(2010年)活動報告

■平成23年度(2011年)活動報告

■平成24年度(2012年)活動報告

■平成25年度(2013年)活動報告

コンテンツ